015 BARNABY WARD

Copyright © Barnaby Ward

PROFILE

INTERVIEW

At the place where you lived in, what is favorite things?

住んでいる場所で、好きなことはなんですか?

Barbados is a very small and densely packed island with lots of curious things hidden in unexpected places. What I enjoy most is exploring these places and uncovering surprises. More than half of the island is covered in houses, but we still have a lot of beautiful beaches and unexplored gullies, old factory ruins and plenty of caves.

バルバドスはとても小さくて、いろいろと密集した島です。意外な場所でおもしろいものが見つかったりします。僕はそういう場所を探索して、びっくりするものを見つけるのが一番楽しい。島の半分以上が住宅地だけど、まだまだ美しい浜辺もあるし、誰もいけないような渓谷、古い工場跡、洞窟もたくさんあります。

Please tell me the person you respect and the thing affected your works.

尊敬している人や、あなたの作品に影響を与えているのものを教えてください。

There are quite a lot of people I respect but I find it hard to list them in order of priority as my focus is constantly shifting. Right now I’m focusing on story telling and creating a sense of mystery. I feel that these two elements are strongly related, as a story with a lot of questions will help entrance the reader. Some of the people I feel accomplish this very effectively are Tatsuyuki Tanaka (animator and artist), Tsutomo Nihei (comic artist), Nimród Antal (Director of the Hungarian film Kontroll), Andrei Tarkovsky (Director of Russian films Solyaris, Stalker, The Sacrifice) and Haruki Murakami (writer). There are also a lot of other creative people I admire simply because I see something special in their work, such as Egon Schiele, Rene Gruau, Lebbeus Woods (architect), Ashley Wood, Tadahiro Uesugi, Hergé, Hayao Miyazaki.

尊敬する人は本当にたくさんいます。でも定期的に僕の興味も変わっていくから、簡単にはプライオリティもつけられないと思う。今は、物語を伝えること、そして謎を創造したりすることに興味があって、この2つの要素は、読み手を惹きつけるたくさんの問題を抱えた物語のように、強く関わっています。これらを実現する何人かの人たちがいます。田中達之(アニメーター、アーティスト)、弐瓶勉(コミックアーティスト)、ニムロード・アンタル Nimród Antal(ハンガリー映画 「Kontroll」の監督)、アンドレイ・タルコフスキー(ロシア映画「惑星ソラリス」「ストーカー」「サクリファイス」の監督)と村上春樹(作家)です。作品の中に特別な何かがあって、ただ純粋にすばらしいと思えるクリエイターもたくさんいます。例えば、エゴン・シーレ、ルネ・グリュオ、レベウス・ウッズ(建築家)、アシュレイ・ウッド、Tadahiro Uesugi、Hergé、宮崎駿。

However, most of my ideas are influenced by dreams, or thoughts I’ve had just before falling asleep. I will often use dreams as the basis for story projects. I also tend to focus on creating scenarios that are ‘dream like’ because of this.

だけど、僕のアイデアに最も影響を与えるのは、夢だったり、眠りにつく前の思いつきだったりします。物語のベースにはよく夢を利用します。僕が作るものが夢見がちなのも、そんな理由からです。

What kind of thing is it for you to draw a picture?
And how do you think about architecture?

絵を描くことはあなたにとってどういうものですか?
それから(今は建築に興味があるようですが)建築についてどんな風に考えていますか?

Simply put, I draw because it’s the best way to express my ideas. I’ve been drawing for as long as I can remember and I’ve always done it because I enjoy it. My head is full of thoughts and images which I feel compelled to communicate somehow. It’s probably the quickest and easiest way to get it all out.

簡単に言えば、僕の考えを表現するのに一番いい方法だからです。物心ついたときから絵は描いていて、楽しくてずっと描いていました。僕の頭はいろんな考えやイメージがいっぱいで、そういうものを何とかして伝えなければってね。たぶん絵を描くことが、そういう想いをかなえるのに、一番早くて、一番簡単な方法なんだと思います。

I find architecture very inspiring (my father built a lot of houses when I was young) and also feel that it plays an important role in helping create mood and a sense of believability in a story. Not only does it allow one to create an dramatic setting, but it helps keep the viewer interested by making the material seem more real (especially if one pays close attention to the details). In a story the characters are always the most important focus, but the setting can sometimes be dealt with in such a way that it develops a personality of it’s own, and in a sense becomes a supporting character. I think it’s one of the main things that attracts me to the works of Tsutomo Nihei (Blame!) and also the films of Chan-Wook Park (Sympathy for Lady Vengeance had some of the best locations I’ve seen in a film).

建築というものに僕はとても心動かされるみたいです(僕が小さい頃は、父がたくさんの家を建てていました)。それに、物語の中で雰囲気や真実みを生む大事な役まわりだと思う。ドラマチックな設定を作るだけではなくて、よりリアルに要素を描くこと(特に緻密な部分に十分に注意を払うこと)で見る側に興味を持ってもらえる。物語においては、キャラクターにいつも一番焦点が集まる。でも設定(場所)が時にはキャラクタの性格を作り出す方法として利用されたりもする。そしてある意味でキャラクターの基盤にもなっている。弐瓶勉(「Blame!」)やパク・チャヌクの作品(映画「親切なクムジャさん」に出てくる景色が、過去に見た映画の中で一番良かった)もそうだけど、彼らの作品が僕を惹きつける一番の理由はそこにあると思っています。

How do you think about Japan, Japanese, and Japanese culture.

日本や日本人、日本文化についてどんなふうに感じますか?

Like a lot of people who grew up in the 80’s outside of Japan, I’ve been influenced quite a bit by Japanese culture and have always found myself intrigued by it. I’m not sure why, but Japan fascinates me more than any other place. I’ve been thinking about this fascination recently and I believe it’s because I imagine Japan the same way I imagine dreams. It’s disorienting, hard to understand and incredibly mysterious, but somehow still comforting. Everything about Japan is so different from what I know and yet there’s is still a certain familiarity. Like dreaming about a place in real life, say your home, your office or school. it’s the same place as it is in the waking world but yet there are certain things that cause it to feel totally different. My wife and I are hoping to visit one day soon.

日本以外で80年代を過ごしたほとんどの人と同じように、僕も日本文化にひどく影響されたし、いつも興味を持っていました。どうしてかはわからないけど、他のどんな場所よりも惹かれています。最近その魅力について考えていたのだけど、夢を見るときと同じように、日本を想像してしまうからなんだと思う。日本って国は、滅茶苦茶で、ほとんど理解できないし、信じられないほど謎めいているのに、なんだかしっくりくる。日本のこと全部が僕の日常とはあまりに違うんだけど、ある種の親密さがあります。実際生活している場所(例えば君の家やオフィス、学校なんか)を夢で見た時みたいに、起きている時と同じ場所なのに、全体に何かが違うと感じるものが確かにあるんです。妻も僕も、すぐにでも日本へ行きたいと思っています。

上記は、メールにて何度かやりとりさせて頂いたものをまとめたものです。Thank you, Barnaby!

インタビュー・翻訳:hasegawahiroshi
翻訳協力:AIC 松本さん(ありがとう!)