Posts Tagged ‘tokyo’

polarno・装身具展

ふわり ひらり 鳥のよう
じゆうなそらをとんでみたい
花のよう やさしいいのちなってみたい
ふわり ひらり ふわ ひらり
はるかぜにのれ 人のせつなるねがいごと
polarno・澤村木綿子

お友達の展示をご紹介。
ずっといい作品を作りつづけています。是非尋ねてみて下さい。最近は馬喰町もとても楽しい。

銀座目利き百貨街、始まってます

10日(金)に行ってきました。おすすめ。

店主さんそれぞれの考えること(考える層)が違うので、お店ごとに気持ちをリセットしながら見て行く感じ。気を抜けない。一つ一つの屋号も面白いのでいちいち見上げます。
ほとんどの展示品は購入できて、でもギャラリーとも違った不思議な雰囲気。お店とギャラリーの間。この2日目の時点で売却済みばかりでした。

個人的に印象に残ったのは「器」。原研哉さん、永井一正さん、千宗屋さんなど方向は全く違うけど、どれもとても良かった。買わないけど。

展示の外では「銀座・手仕事直売所」をやってます。素晴らしい組み合わせ。こっちは気軽に買えるし。
800 for eats x CLASKA KIOKUHのカフェも出てます。

銀座目利き百貨街

2010年度 日本デザインコミッティー企画展「銀座目利き百貨街」
「銀座目利き百貨街」は四十九人の店主が、それぞれの目を利かせて選定する四十九のセレクトショップからなるわずか六日間の商店街です。
建築家、博物学者、茶道家、デザイナー、現代美術家、編集者、骨董店店主、脚本家、イラストレーター、評論家、造形家、キュレーター、和紙職人、プロデューサーなどなど、物を見る目の力が問われる仕事をしている方々に、それぞれ眼力を発揮してもらい、普段では見かけない、逸品、稀少品、珍品の数々を取りそろえ、展示・販売するという企画です。

入場料が必要な商店街。店主たちが豪華すぎ。是非行きたい。9月9日から。

東京の、東へ。 BRUTUS 9/1号

特集は、スカイツリーや馬喰町、御徒町、向島、京島、谷根千など、文字通り東京の東の地域。なぜか自分も最近は、東にばかり目が向いていたので面白く読んでいます。

馬喰町あたりがニューヨークのソーホーみたいな位置づけで書かれています。実際とてもいい場所なので、いずれ本当のソーホーみたいにアーティストも住めないようになるのかも。

今回の号、表紙もとても素晴らしい。伊藤桂司 Keiji ITOさん。withDでインタビュー記事も見つけました。

TOKYO ART&CULTURE MAP アートを楽しむ東京地図本

上野、日本橋、銀座、青山、六本木、表参道といったアートスポット集中エリアやメガ美術館はもちろんのこと、一日かけてゆっくり楽しみたいちょっと郊外の個性派美術館まで。せっかく行ったなら、ただ施設に行って帰るだけではもったいない!お土産を買ったり、お茶やごはんを楽しんだり…東京の美術館とその界隈はこの一冊で十分楽しめます。

個人的に国立博物館が好きです。重厚で。他にも大好きな美術館、博物館がたくさん出ていて隅々まで楽しい。立ち読みはこちら